検索
  • 太田不動産 太田敬介

【施工事例】明るいリビング、平屋の家

こんにちは、太田不動産の太田敬介と申します。

今回は平屋の家を建築されたお客様から、完成したばかりのお家を見せて頂きました。

注文住宅らしい凝った作りとなっており、家づくりの参考になりそうな部分がありましたので、ご紹介したいと思います。🏡



まず間取はこんな感じです。


1LDKですが、ご夫婦二人でお住まいになるので、部屋数より動線やリビングの広さに重点を置いています。

続いて、リビングキッチンです。

キッチンはぐるっと一周できる「アイランドキッチン」という物を採用されています。

リビングが広くないと採用しづらく、キッチン自体のお値段も高めですが、使い勝手は良さそうで理想的ですね。😊


リビングは天井を高くして高窓を設置し、明るく開放感のあるリビングになっております。

南向きで日当たりばっちりですね。🌞


キッチン近くには、食品庫としても使える納戸があります。

次に、洗面所ランドリースペースです。

洗濯機置場の隣に、物干金具とカウンターが付いており、洗濯物を取り込んで、すぐ干せますし、乾いたらすぐたためて、隣の寝室の収納にしまえるという、理想的な動線です。👚


洗面脱衣室を広くして物干や収納ができるようにするというのは、使い勝手が非常に良いので、建売でもいつかそういう間取を採用したいものです。🏡


次は寝室の収納です。


クローゼットに扉などを付けず、寝室と一体の空間となっております。

扉で仕切るのが一般的だと思いますが、実際のところ寝室は家族以外の人が入ることがほとんどない部屋なので、扉をつけてもあけっぱなしにすることが多いです。

そういった場合は、コスト削減にもつながりますので、クローゼットに扉を付けないという選択もありだと思います。


最後に玄関についてです。


シューズクロークにはコート掛けが付いています。

玄関近くにコート掛けがあるのは便利ですね。


そして玄関正面にはレンガ模様の壁材を貼った飾り棚があります。

この壁材は「エコカラット」と言い、見た目が良いだけでなく調湿効果や脱臭効果があります。

クロス仕上よりもずっとお金が掛かりますが、アクセントとして壁の一部に使うのは良いと思いました。(とくに臭いの籠る玄関に使うのは良いと思います。)

これは機会があれば建売物件を建築する際にも採用したいと思います。


いかがでしたか?


住まいづくりには色々な考えがあり、人によって必要な物が違いますので、これから物件探しをする方や住宅の建築を検討中の方は、色々な物を参考にしながら、自分たちの生活に必要なものは何か考えてみると良いかもしれません。


ではまた✋

109回の閲覧0件のコメント